サイト売買とは

サイト売買とは、個人や企業がもつウェブサイトおよびウェブサイトのコンテンツを売買することです。日本国内で、ビジネスとして始まったのが2005年頃です。サイトM&Aとも呼ばれています。 サイト売買を行う業者は、「サイト売買仲介業者」と「サイト売買情報提供業者」の二通りに分類されています。前者は、サイト売買の担当者が、取引や交渉に同席し、全てのサイト売買取引の仲介役になってくれる者のことをいいます。後者の方は、サイト上に売却するサイトを載せ、電話対応レベルでの仲介役となる者のことをいいます。 また、ウェブサイトの種類には、個人や小規模なサイトを扱う「サイトキャッチャー」と、企業向けや大規模なサイトを扱う「サイトM&A」が存在しています。 ウェブサイトの価値の判断基準としては、売り上げ、利益、ページビューやアクセス数、ページランクなど様々です。 売る側からしたら、高く早く安全に売却できる道を、買う側からしたら、信用できる安いサイトを購入できる道を選びたいのが普通の心理です。 そのために、しっかりとした情報をもった業者選びをすることも大切です。

Share on Facebook