サイト売買のあり方について

サイト売買が活発になることは、インターネットのコンテンツ発展のためには必要なことだと思っています。運営者が変われば、改善される可能性もあるので今までにない展開を行えるかもしれません。サイトには、運営者の考え方が強く反映されるため、運営が変わることが悪いことだとは思っていません。サイトを簡単に売買できることによって、止めたくなっても顧客に損害を出さずに引き継がせることが出来るため、このようなことが行われることは良いと思っています。

たとえば、ポイントサイトが売買の対象となった場合は不安なことを感じます。甘言が良いポイントサイトも、運営者が変わってしまえばどうなるか分からないからです。同じ運営者が複数サイトを運営していることもありますが、そのようなサイトは、必ず限界が来るので早く売却してほしいと感じるところもあります。そのため、利用者が運営者にサイトを一本化するような容貌を出していくことも大切だと思っています。サイト売買が使いやすければ、売買する気も起きてくると思っています。

サイト売買に必要なものは、そのサイトがどれだけの価値を持っているかということをはっきりさせておくことだと思っています。サイトの価値を判断するのは難しいので、売買に合意できるだけの価値があるということを、しっかりと明示していかなければサイト売買が、詐欺の温床になってしまうこともあるかと思います。そのような問題にならないためには、サイト売買を手がけるところが、サイトの価値をしっかりと判断することだと考えます。サイトは簡単に製作できるので、適正価格を判断することが必要だと思っています。

Share on Facebook